株式会社 神田経営研究所  セミナー講師派遣、中小企業経営支援に信頼の実績 
株式会社 神田経営研究所

改正中活法の 基本計画づくりのご案内

コンパクトながらにぎわいのあるまちづくりを目指す基本計画をつくります。

   「にぎわい」は人が集まるだけでよいですか。

コンパクトシティで注目されている青森市新町商店街は、街づくりやソフト事業の成果として、通行量の増大を実現したにもかかわらず、各店の売上げは増えないという、予想外の結果にとまどっている。

出典「一店一品運動実践ガイド」太田巳津彦 同友館の12ページより抜粋


  平成9年 平成14年
青森市新町商店街 422億円 232億円

出典 経済産業省「商業統計 立地環境特性別統計編(小売業)」

   「にぎわい」には、店の中にお客を集めるところまでを踏み込みます。
   弊社がかかわった商店街は、売上げが伸びています。


  平成9年  平成14年 
川越市一番街商業(協)
藤沢市辻堂銀座商店街
御殿場市森の腰商栄会
11億円
72億円
38億円
14億円
87億円
39億円

出典 経済産業省「商業統計 立地環境特性別統計編(小売業)」

2種類の「にぎわい」に挑みます

*中心市街地の人通りを増やす「にぎわい」づくりはもちろんです。

*店の中にお客を入れる「にぎわい」づくりも行います。

国は「官にできるのは人通りを増やすこと。店に入るかどうかは店の力」(経済産業省中心市街地活性化室)と言う。

出典 日経流通新聞 平成17年10月31日3面より

 国が想定している活性化とは=「まちに人が出ること」です!


弊社の活性化のモットーは=「地域の元気はお店から」 
弊社が考えている活性化とは=「店の中にお客がはいること」まで含みます

「人が行き交い、店に活気のある」活性化を目指します

*住んでいる人や訪れる人が行き交う中心市街地活性化

*素通り客を店の中に入れる花も実もある商業活性化

コンパクトながらにぎわいのあるまちの実現

具体的な数値目標を盛り込みます

*中心市街地に人を集めるための数値目標 通行量調査から歩行者通行量の目標数値の設定
*中心市街地に人を集めるための数値目標 住民基本台帳から人口数の目標数値の設定
*中心市街地に人を集めるための数値目標 事業所統計から事業所数・従業者数の目標数値の設定
*商店街に人を集めるための数値目標 空き店舗の減少件数の目標数値を設定
*商店に客を集めるための数値目標 商業統計から商店街売上高の目標数値の設定
*商店に客を集めるための数値目標 商業統計から商店数の目標数値の設定

神田所長、只今 月刊商業界で「中心市街地活性化への提言」連載中!

埼玉県庁職員として中小企業施策を、中小企業事業団特A登録指導員(現中小企業基盤整備機構)として高度化事業を、そして、民間の経営コンサルタント会社所長として中心市街地活性化事業を数多くこなす。基本計画は6件、TMO構想を9件策定。さらに建築士の資格を有し、経済産業省のみならず、国土交通省関係にも詳しい。現場サイドの今までと違った切り口で中心市街地活性化への提言を毎月・新商業月評で発表!!

お問い合わせ方法

お電話で → 03-5577-6984
FAXで → 03-5577-6985
E-mailで info@kanda-keiei.com 

 叶_田経営研究所 前向き企業支援センター (東京商工会議所 千代田支部会員)
 〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-11 東京ロイヤルプラザ920
 TEL:03-5577-6984  URL: http://www.kanda-keiei.com/
 FAX:03-5577-6985  E-mail: info@kanda-keiei.com